監督・製作・脚本 クリストファー・マッカリー

1968年、アメリカ、ニュージャージー州プリンストン生まれ。クリストファー・マッカリーは『ユージュアル・サスペクツ』(95)、『誘拐犯』(00)、『ワルキューレ』(08)、『アウトロー』(12)、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)などを手がけたアカデミー賞®受賞経験を持つ脚本家、プロデューサー、映画監督である。
ニュージャージー州プリンストン・ジャンクションに育った。大学へ進む代わりに、高校を卒業して五年間旅をしたり探偵事務所に務めるなどしたのちにロサンゼルスへ移り、映画界でのキャリアを歩み始めた。三年後、『ユージュアル・サスペクツ』(95)で脚本を担当し、エドガー賞、インディペンデント・スピリット賞、アカデミー賞®および英国アカデミー賞で脚本賞を獲得した。2000年、ライアン・フィリップ、ベニチオ・デル・トロ、ジェームズ・カーンらが出演する『誘拐犯』を監督した。2008年にはトム・クルーズ主演の『ワルキューレ』(08)で共同脚本と製作を務めた。2012年には、クルーズと再びタッグを組み、二度目となる監督作『アウトロー』を手がけた。同作を仕上げてから間を置かずに、今度はダグ・リーマン監督の『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(14)で脚本を担当し、再度クルーズと仕事を行なった。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』で仕事を共にしている最中に、クルーズがマッカリーに、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(15)となる作品を監督するよう勧めたという。

  • ジェイク・マイヤーズ 製作

  • J・J・エイブラムス 製作

  • デヴィッド・エリソン 製作総指揮

  • デイナ・ゴールドバーグ 製作総指揮

  • ドン・グレンジャー 製作総指揮

  • ロブ・ハーディ 撮影監督

  • エディ・ハミルトン 編集

  • ピーター・ウェナム プロダクション・デザイン

  • ジェフリー・カーランド 衣装デザイン

  • ウェイド・イーストウッド スタント・コーディネーター

  • ニール・コーボールド 特殊効果スーパーバイザー

  • ジョディ・ジョンソン 特殊効果スーパーバイザー